委員会紹介

総務委員

年に数回あります学級懇談会の司会進行を担当します。
また、親子FT(伏見台タイム)の企画運営をします。
このFTは子どもたちに「先生」「親」「子」のふれあいを通して、いろいろな体験をさせようという目的で始まりました。
全学年対象の全体FT、各クラスあるいは各学年毎のクラスFTあるいは学年FTがあります。
また、翌年度のクラス委員選出も、総務委員が担当しています。

広報委員

年4回発行されます広報誌「ふしみ台」の企画、取材、編集業務を行っています。
また毎年春先にあります、北陸中日新聞主催の、広報誌作り講習会にも参加しています。

企画委員

育友会活動の中で一番大きいイベントであります「ふしみ台バザー」の企画運営をします。
毎年子ども達がとても楽しみにしている「ふしみ台バザー」このバザーを安全に楽しく運営するために、企画委員に決まりました春先から、すぐに担当決めと準備に取り掛かっています。
また、夏休み中にあります校庭の草むしりを、地域の老人会や子ども会の方にも協力頂き、行っています。
また、6年生の企画委員は育友会授業の企画運営を担当しています。

ひまわり学級委員

ひまわり学級委員会とは、伏見台小学校の家庭教育学級の名称です。
金沢市教育委員会生涯学習課の指導を受けながら、子ども達に還元できる講座を設け、親が家庭教育を学び合う場です。
毎年委員会においてテーマを設けており、平成25年度は「地域とコミュニケーションをとり、伝統文化に触れてみよう」というテーマでした。
また、委員長はじめ各委員は、年3回ほど開催されます金沢市の家庭教育学級担当者研修会に参加し指導力を上げています。
市から委託料を預かり、学習方法に沿った内容の活動を企画運営します。
伏見台小学校では、講演会や給食試食会、ふしみ台バザー出店、市政バスツアー、物作り体験など、年間5回ほどの学習機会を設けています。

地区委員

地区委員は、小学校の各クラスからの選出ではなく、町会から選出される委員で、地域と学校とのパイプ役となります。
そして「児童が安全に通学出来るような体制を構築する」また「各町会の資源回収につとめる」という事が、地区委員の役割として、伏見台小学校育友会規約に定められています。
そちらに基づいて、スクールサポート隊との連絡や下校予定時刻表の配布、またスクールサポート隊連絡会の企画運営、伏見台リサイクル、通学路ライン引き(2年に1回)等といった活動をしています。
また、バザー当日のお手伝いも担当しています。