よくある質問

小学校のお子さんをお持ちのお父さんお母さんたちであれば、必ず耳にする「い・く・ゆ・う・か・い(育友会)」でも、一体どんな集まりなのか、育友会につ いて知っている人は少ないのではないでしょうか。また、「敷居が高い・・・」、「忙しいそう・・・・・」、「ちょっと近寄りがたいわ・・・」などなど。そ んなマイナスイメージばかりを持っている方も多いはずです。

「あなたは、育友会の本当の姿を知ってますか?」

そこで、育友会メンバーに聞きました!
「教えて!育友会ってどんなところ?」メンバーのみなさんにいくつかの素朴な疑問に答えてもらいます。
これで、あなたと育友会の距離がギュギュッと近づくこと間違いなし!!
それでは、はじめましょう。

 

Q.育友会って、そもそもどんな意味?
A.育友会は、P・T・Aことです。P=親(Parent)・T=教師(Teacher)・A=学校(Association)の意味。保護者の代表として学校行事をサポートしたり、先生方と保護者のみなさんとをつなぐ太いパイプ役として活動しています。ですから、学校の活動に関して疑問を持たれましたら育友会室に気軽に来て下さい。一緒に考えていきましょう。
Q.育友会メンバーのみなさんは、教育に詳しそうですが・・・・。
A.みなさんと同じ保護者の一人。みなさんと同じ目線で学校に関わっています。特別な資格や学習をしてきた専門家でもありませんよ。でも、育友会に参加することで、子供の教育について学ぶ講義などを受ける機会があり、子供のためそして、自分のためにも学ぶ良い場となっています。はじめは、わからなくて当たり前です。一緒に学び、親である私たちも成長していきましょう。
Q.育友会に入るきっかけは?
A.知り合いが育友会に参加していたので誘われて入ったという人や、パパーズに参加したことがきっかけの方もいるなど、様々です。また、自分で進んで参加してくれた人ともいます。ちょっとでも興味がありましたら育友会室をのぞきに来て下さい。聞くよりも実際に見てもらったほうが育友会をより知ってもらえると思います。
Q.育友会に参加する前のイメージはどう感じていましたか?
A.みなさんと同じで、敷居が高く教育に詳しい方の集まりだと思っていました。また、忙しそうに見えたので、仕事をしながらの参加は難しそうとも感じていました。教育について無知な自分には参加できないんじゃないかなどなど、マイナスのイメージばかりを持っていました。
Q.実際に育友会に入ってみてどうですか?
A.実際に参加してみると、忙しいのは確かでしたが、その分得るものがたくさんありました。たとえば、交友関係が広がった、子供との距離が縮まったなどが挙げられます。また、お父さんや仕事を持っているお母さんたちは、平日の活動が難しいと思います。土日に活動するなどして、なるべく参加できる環境作りをしています。仕事をしているから出来ないということは全くありません。みんなで協力しあい出来る人が出来ることをして助け合って運営しています。その助け合いによって、メンバー同士の信頼や絆も深まっていると思います。
Q.育友会に入ってお子さんとの関係は変わりましたか?
A.自分の子供とはもちろんですが、他の子供たちとの距離も縮まり、顔見知りが多くなったことです。ある専門家の方が話していましたが、子供をいじめから守るためには「親の顔が見えること」だそうです。学校行事などに参加せずに親の顔がわからない子供よりも、学校に関わっている親の子供ほどいじめられる事が少ないというデータがあると聞きました。ですから、育友会に参加することで、間接的ではありますが我が子をいじめから守るという事、また、地域の犯罪から子供を守るということにもつながっていると思います。他にも育友会では、家族同士の触れあいもありますので子供同士の交友関係も広がっています。親としての不安も減り、子供にとっても良いことばかりだと考えています。
Q.先生方との関係は変わりましたか?
A.大きく変わった人がほとんどだと思います。特にお父さんたちは、お母さんたちよりも仕事で忙しく運動会などの最低限の行事にしか参加できない方が多いと思います。そうすると、先生と直接話をするというシチュエーションにはなかなかならないでしょう。でも、育友会に参加したことで、学校に関わる機会が増え、必然的に先生方とも話す機会が多くなりました。先生から子供の様子を聞くことも出来ます。育友会に参加したことで、学校・先生との距離がより縮まった感じがします。
Q.自分にとってもメリットはありますか?
A.大変なときは正直ありますが、子供の顔が見えることが安心感につながります。最初は、子供のためと思い参加した育友会ですが、今では自分のためにもなっています。家庭と仕事以外に自分の居場所が育友会にはある。育友会は、私たちにとって忙しくてもリフレッシュできる場で、仲間と過ごす大切な時間でもあります。また、自分の成長のためにも良い刺激になっています。ただ、育友会で活動できるのも家族の協力があってこそですけどね。家族との絆も深まりました。
Q.お仕事をしながら、育友会で活動している人もいますが、大変じゃないですか?
A.もちろん仕事を持っている人やお父さんたちの参加もあります。なかには代休を取って参加される方もいますが、土日を利用して活動することもありますので、参加できることに協力してもらえれば嬉しいです。決して、働いているから参加できないということはありません。みんなで協力して、子供たちのため、学校のため、ご自分のために育友会に参加していきましょう。
Q.育友会の人は、学校全ての活動に参加しているのですか?
A.年間80ほどの活動があります。全部参加するの?と、躊躇してしまう人も多いと思いますが、全てのことに参加することはなかなか難しいのが現状です。そういう時は、メンバーみんなで助け合い、参加できることに協力しています。働きながらでも参加できるように、みんなで協力して運営していきましょう。
Q.育友会のイメージをどのように変えていきたい?
A.どの学校でもそうだと思いますが、敷居が高く難しいことをしているところというイメージが強いと思います。でも、このイメージでは育友会が孤立してしまい、子供たち、保護者のみなさん、また、学校にとってもプラスに働くことはありません。そこで、

  • 育友会をもっともっと身近に感じてもらうこと
  • 気軽に育友会室を訪れ、気軽にメンバーと話ができる環境作り
  • たくさんの方が育友会の活動に参加できること

などを目指しています。これを実現できた時こそ、学校・親・教師・子供とよりよい関係が保たれると思います。そのためには、みなさんが育友会の活動に関して知って頂くことがとても大事です。わからないことなどありましたら、気軽に育友会室にお越し下さい。お待ちしています。

 

「教えて!育友会ってどんなところ?」いかがでしたか?
素朴な疑問に答えてくれたメンバーのみなさん、ありがとうございました。
これが全てではありませんが、こちらを読む前よりは育友会のことを知ってもらえたと思います。
育友会=PTAは、親・教師・学校のバランスがとても重要です。決して、難しい組織ではありません。
みなさんと同じ保護者の集まりです。ぜひ、育友会にみなさんのお力・知恵をお貸し下さい。
きっと、育友会に参加して良かったといってもらえると思います。
子供たちのため、ご家庭のためも学校にも頑張っていきましょう!
育友会は保護者のみなさんでつくっていくものです。